ライフスタイル

「女性のための進路転職相談」のオンラインティーチャーとして活動しています

「怒涛の進路指導室室長 EHKO先生」さん「女性のための進路転職相談」の先生

オンラインティーチャーとしての「ライフスタイル」はどうですか?

「自分の時間が無駄なく有効に使えている」と実感できる毎日が嬉しいです。どこかへ移動して直接対面するとなると、身支度を整える時間や移動時間、セッションスペースの確保などに時間と労力とお金がかかってしまいますが、オンラインでのセッションなら、そのようなことに煩わされることがないので、そのぶん家事や育児に体力を回すこともできます。今までの人生の中でベストな働き方をしていると日々実感でき、QOL(クオリティーオブライフ)も非常に高まって本当に満足しています。

どんな「ジャンル」のオンラインティーチャーとして働いていますか?

女性限定の転職・進路相談

オンラインティーチャーの働き方を「選んだ理由」は何ですか?

幼い子ども持つひとり親家庭の母として、出勤しないで自宅でできる働き方を真剣に考え模索していたとき、オンラインティーチャーという働き方を見つけました。オンラインティーチャーなら、子どもの急な発熱などにもしっかり対応しながら仕事もできますから、誰にも迷惑をかけません。以前一度だけ勤めに出たこともありましたが、子どもの度重なる体調不良で保育園に預けられす、病床保育園にも入れず、子どもが回復するまで出勤することができずに仕事をクビになった経験があり、そのときの教訓が「オンラインティーチャーで絶対に食べていくんだ」という強いモチベーションになっています。

オンラインティーチャースタイルを「知ったキッカケ」は何ですか?

オンラインでのお仕事として、以前からWEBのライター業も営んでいるのですが、そのお仕事の延長で01blogの中薗さんとつながり、オンラインティーチャースタイルに興味を持ったことがきっかけです。

これからオンラインティーチャーを「目指す人に一言」お願いします。

オンラインティーチャーという働き方には「商品の在庫をかかえる」というリスクがありません。あなたが売るものは、あなたの頭の中にある「知識」や「経験」。ですから、あなたの頭の中に「これなら誰かに自信を持って教えられる」「このノウハウならきっと誰かの役にたつはず」という「なにか」があるのなら、いますぐチャレンジしていただきたいです。リスクは少なくリターンは大きい。さらにお客さまから手放しで感謝され、良いことづくめのオンラインティーチャーという働き方。「オンラインティーチャーで絶対に食べていくんだ」という覚悟さえあれば、あなたもきっとうまくいくと思います。

インタビュー

今までにない、新しい働き方を。

無料開催中!今すぐ人気オンラインティーチャー養成講座をオンラインで受講する!

TOP